シストレ活用のススメ

fsdf8iress システムトレードとは、一定のルールに沿って売買を行う投資方法のこと。取引に勘や感情を持ち込まず、予め決めたルールに従い売買を進める取引スタイルです。

通称“シストレ”と呼ばれ、近年日本でも注目が高まってきていますが、まだ日本において、システムトレードを上手く活用できている人はさほど多くないもよう。
投資初心者の方はとりわけ、「シストレはよく分からない。難しそうだ…」として、実践には消極的なようです。

ですが、システムトレードは、決して難しいものではありません。それどころか、むしろ、FX投資初心者にモッテコイの取引スタイルだといえるでしょう。

システムトレードでは、予め決めたルールに従い機械的に売買を行うため、感情に左右されない安定的な取引が可能になります。さらに、取引に用いる自動売買システム(ストラテジー)は、自分で作成するほか、FX業者らが用意しているものを選択・利用することが可能。専門家などにより構築された既存のストラテジーを利用する方法でなら、“投資知識・経験により培われた勘”は必要ありません。

だから、シストレは投資初心者にも非常にオススメなのです。分析や取引に慣れていない投資ビギナーこそ、システムトレードを活用すべきでしょう!

以下に、システムトレードについてまとめましたので、この機会にシストレについて知っていただけたらと思います。

・システムトレードとはそもそも何か

システムトレードとは、冒頭で述べた通り、予め決めた一定のルールに沿って売買を行う取引スタイルのこと。
過去のデータをもとに、ストラテジー(売買・利益確定・損切のタイミングといった取引ルール)を決め、あとはそれに沿って機械的に取引を進めるという投資方法です。

ストラテジーは、自ら作成する以外にも、既存のものを利用することが可能。FX初心者の方には、FX業者などが提供している既存のストラテジーを利用する選択型システムトレードがオススメです。

この場合、やるべきことは、選択型シストレを取扱っているFX会社で口座を開き、搭載されている売買プログラムから好みのものを選択・設定、あとは、取引を“お任せ”するだけ。そうすれば、選んだ取引ルールをもとに、コンピュータが自動で売買をしてくれます。この方法でなら、売買ルールを自ら組み立てる必要がないため、投資知識がなくても、投資プランを作成する時間がなくても、手軽にFX投資が始められます。

○シストレを勧める理由

システムトレードを行う利点は、感情に左右されない冷静な取引ができることにあります。投資において最もいけないことは、欲・不安・焦りといった感情に振り回されること。感情が邪魔をして冷静さを欠けば、正しい判断が下せなくなり、それが失敗を招きます。

投資では、常に冷静であることが求められるのです。ただし、これは簡単なことではありません。だからこそ、システムトレードが注目を浴びているのです。この機械的な取引方法なら、感情に左右されずに済みますからね。

ちなみに、システムトレードと反対に、その時の感情や考えに合わせて行う取引が「裁量取引」です。裁量取引には、臨機応変な取引ができるというメリットの反面、感情の影響を受けて判断が鈍りやすいというデメリットが存在します。「もう少し待てば状況が好転するかも…」という感情に流されて損切タイミングを逃したり、「もっと利益が得られるかも」という欲に駆られて投資金額を増やし、結果的に損失を膨らませてしまったりする事態に陥ることも珍しくありません。

「自分は冷静に取引できるから大丈夫」と思っていますか?ですが、いくら冷静でいようと努めても、人の心は弱いものひとたび予想外の事態に陥れば、慌ててしまい、衝動的な取引をして失敗を更に拡大させる……。こうしたケースは、実に多いのです。その点、システムトレードなら、こういった失敗とは無縁。感情に流されずに済むことで、より安定した取引・安定した投資が可能になります。


○システムトレードの注意点

安定性の高い取引に定評あるシステムトレード。ただし、シストレなら絶対に失敗がない、というわけではありません。
というのも、シストレでは、過去のデータをもとに編み出された売買ルールに沿って取引を行うため、「これまでにない相場」「突発的な変動相場」「極めて珍しい相場」の動きには対応できないのです。相場パターンを的確に捉えて最良な取引をしてくれるシステムトレードですが、ひとたび相場が(前例のない)予想外の展開をみせれば、システムトレードはその効力を失います。こうしたリスクを孕んでいることは認識しておく必要があるでしょう。

残念ながら、相場には“予想外の出来事”がつきものですから、システムトレードを過信しすぎるのは危険。シストレを利用していても、相場動向は自ら定期的に確認すべき。「ルールを決めたら、あとは放っておいてOK」と気楽に構えすぎてしまうと、気づいた時には大きな損失を抱えているかもしれないのです。

とはいえ、シストレが効果的なFX取引を可能にする有効な手段であることには変わりありません。リスクを理解したうえで用いれば、初心者にとっても手軽で優しい取引スタイルだといえます。