外貨預金を選ぶのは損!?

sdfjiress 「外貨預金」について、どのようなイメージをお持ちですか?今や世間一般に広く浸透していて、漠然と「色々な銀行があれだけ勧めているのだから、大丈夫」と思っている方も多いようです。ところが、あまり知られてはいませんが、実は外貨預金とは「ぼったくり」と言っても良いような金融商品なのです。

外貨預金の基本的な考え方はFXに似ています。低金利な日本円ではなく、金利の高い国の外貨に換えて預金をすることで効率良く利息を得ることを目的としています。

金利が日本よりも高い国が多いこともあって、現在、外貨預金は大変人気があります。しかし、外貨預金もFXと同じように為替変動によるリスクがあるので、金利の高い通貨に変えても、状況によっては元金を割ってしまう恐れがあります。このようにFX同様のリスクがあるのですが、他にも外貨預金にはFXにはないデメリットがあるのです。

・手数料が高い

外貨預金の手数料はFXと比べると高く、10倍以上になることもあります。具体的に言うと1ドルあたり片道で約1円、往復では2円以上になります。つまり、相場「1ドル=100円」で1万ドル=100万円分の外貨預金を行ったとすると、解約する場合には約2万円もの手数料が必要になるのです。この手数料は、外貨預金をした数日後に円に戻した場合でも同じようにかかります。

しかも、金利が高い通貨であるほど手数料も高くなってしまうので、せっかく高金利なものを選んで購入してもあまり意味がないのです。FXなら、金利の高さに関わらず手数料は0円~1000円程度で済むのですが…。

・原則として途中解約ができない

高い手数料に加えて、外貨預金が顧客にとって不利な要素となっているのが、「原則として途中解約ができない」ということです。

途中解約ができないということは、相場の変動に応じて「ここぞ!」という時に円に戻すことができないということです。「近く相場が下がりそうだ」と予想して本当にそうなったとしても、自分の資産が減っていくのをただ黙って見ているしかないとは、なんとも歯がゆい話です。

それに、急に現金が必要になった時も途中で解約することはできないのです。正確にはできないこともないのですが、自分のお金であるにも関わらず、高い違約金を取られてしまいます。これらのことから、外貨預金とは銀行が儲けるために存在するものだということがわかります。外貨預金もFXもやらないというのならともかく、FXをしないで外貨預金をするというのは、非常にもったいない選択だと思います。