ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析

sfdjjrss ・どちらがより重要なのか?

FXなどの投資を行う際に、より重視すべきなのはファンダメンラルズ分析とテクニカル分析、どちらなのでしょうか。結論から言うと、一概にどちらの方が重要とは言えません。状況によって使い分けるのがベストです。

ファンダメンタルズ分析は、中長期の投資判断をするのに優れた分析方法です。経済に関する重要な要素である、政策金利や失業率などの動きを分析することで、その国の通貨価値が将来的に上がっていくのか下がっていくのかが予測しやすくなるのです。

テクニカル分析は、短期の投資判断をするのに向いています。数分後~数時間後に今の相場状況がどう変わっているかを予測したい時には、MACD・ボリンジャーバンド・移動平均線などのテクニカル指標が役に立ちます。なお、これらのテクニカル指標はほとんどのFX業者に組み込まれているので、自分で表を作るなどの面倒な作業は必要ありません。

・プロが好むのはファンダメンタルズ分析

先ほど「一概にどちらの方が重要とは言えません」と言いましたが、プロの投資家にはファンダメンタルズ分析の方が好まれる傾向があります。しかし、だからといってファンダメンタルズ分析の方が優れているという訳ではありません。繰り返しになりますが、どちらにもそれぞれ優れた点があり、単純に優劣をつけることはできないのです。

では、ファンダメンタルズ分析のどのような点がプロに好まれるのか。

例えば「この国の政策金利が…」とか「あの国の経済状況が…」と、学問的な観点や難しそうな経済理論を持ち出して説明した場合と、「私の経験上、この上がり方ならこの辺で下がりますね」といった説明をした場合、同じ結論だとしても受ける印象は大きく変わってきます。たとえ失敗したとしても、前者の方がもっともらしいように感じる方が多いのではないでしょうか。

経済について色々と語られると、「こんなに経済に詳しい人が予測して当たらなかったのなら仕方がない」とあきらめがつく顧客も少なくないでしょう。色々と理屈をつけて説明することが出来るので、当人もなんとなく「説明責任」を果たした気になれる…。これらが、プロがファンダメンタルズ分析を好む大きな理由だと思われます。皆さんは、プロがどちらの分析を使用しているかなどには惑わされず、その場の状況に合わせて分析方法を上手に使い分けてください。

引照: ハイローオーストラリア.co